定期的に更新される|Regularly updated and revised。

高齢社会における芸術の役割
The Role of the Arts in Our Aging Societies


学術論文等 Scholarly Articles, etc. ブルース・ダーリング |Bruce DARLING

「施設に住む高齢者の「生活の質」と芸術の役割」
(『九州保健福祉大学研究紀要』第1号 2000年3月25日
English version: The Role of the Arts in Improving the Quality of Life for Residents of Japanese Elder Care Facilities
(Journal of Kyushu University of Health and Welfare No. 1 March 25 2000)
抄録
本研究は日本の老人施設に住む高齢者の「生活の質」を向上させるために芸術がどのような役割を果たすことができるかについて論じる。アメリカとヨーロパでこのような目的のために 芸術がいかに活用されているか、そのモデル例を示す。つぎに欧米のアイディアと実践が日本の「場」でもうまく適応できることの例証として、日本の老人ホームの実例を二つ紹介する。


Residential Options for Creative Aging in American
Chapter 4, 2002 Grant-in-Aid Report, Ministry of Education / Japan Society for the Promotion of Science
日本語版:アメリカに於ける高齢者の居住環境の選択肢
From 『社会福祉の動向と課題』 西尾祐吾、塚口喜夫編, 296-315. 東京: 中央法規, 2002
本書の主な目的は、これからの社会福祉の動向を見据えながら、社会福祉の新しい課題の提起と展開を追及しようという点にある。


Creativity and Aging: What the Active Lives of Older Artists Can Tell Us
--The Mature Work of Yosa Buson and the Concept of “Late Style”--
Chapter 3, 2002 Grant-in-Aid Report, Ministry of Education / Japan Society for the Promotion of Science
Selected Bibliography on Art and Creative Aging
Chapter 4, 2002 Grant-in-Aid Report, Ministry of Education / Japan Society for the Promotion of Science

創造力と加齢:高齢の芸術家達の精力的な生き方に学ぶ--与謝蕪村の円熟期の作品と「晩年の様式」の概念
『近世中興俳諧・絵画資料のデジタル教材化の開発研究』(研究成果報告書)2002 118-34頁 研究代表者:佐賀啓男
抄録
与謝蕪村の最後の20年間は与謝蕪村円熟期の作品—俳句、俳画、俳書—の中に傑作と言われるものが多い。
蕪村の想像力はなくなるまで衰えることはけっしてなかったことを明らかにする。
与謝蕪村: 日本語の参考書|Selected Japanese Language References


私の視点:高齢化社会|芸術組み入れ楽しく豊かに
朝日新聞 2003年6月19日 
抄録
日本の高齢者施設の現状を示し、その生活環境を心地よいものにするために、絵画や音楽などの芸術を導入することの必要性を訴えた投稿記事。 高齢社会・施設における芸術・文化の役割に着目し、芸術活動を促進するために、海外の政府機関や民間組織がどのような取組みをしているかを紹介する。 日本の好例もあげる。


『老人施設の「生活の質」と芸術の役割』平成15年3月(2003
平成12-14年度科学研究費助金(基盤研究(B)(2)研究代表者:Bruce DARLING
抄録
高齢化が急速に進む社会において、高齢者の生活の質を高めるために芸術をいかに役立てることができるかを研究目的とし、芸術プログラムを実際に取り入れた国内外の施設を視察調査し、 好事例を紹介した報告書である。本研究で扱った「芸術」の分野は美術や音楽をはじめ、東洋医学における「語り」、「建築/デザイン」、「芸術療法の応用実態」、「庭の活用と園芸療法」 を包括する。調査の対象地域はヨーロッパ、北米、オセアニア、日本に及ぶ。報告書は、研究代表者による「新しい高齢者像」、「加齢化と創造性」、「高齢者の住環境」、 「芸術を導入している人々・施設・組織」、「芸術の成功するプログラムとそのテーマ」などに関する各章と4人の研究分担者による各論から構成される. テキストは日本語と英語の両方で作成し、
そこに静止画のイメージを加えている。 ウェブ・サイト目標は 、このプロジェクトの研究・調査の成果を早く普及する事である。サ
オンライン訂正版


「癒しの建築の可能性:ヴィダール・クリニーケンを事例として」 (English Title: The Possibilities of Healing Architecture: Vidar Clinic)
『九州保健福祉 大学研究紀要』5(2004):151-159, ダーリング常田益代との共著.
抄録
建築における癒しの環境づくりの可能性を示す事例としてスウェーデンのヤルナにあるヴィダール・クリニーケンを紹介する。病院の既成概念を越えたこの建築は 、ルドルフ・シュタイナーの哲学に基づく人智学的(anthroposophy)医学を実践するために、デンマークの建築家エリック・アムセン(Erik Asmussen)により設計された。 単なるヘルスケアの場に終わることなく、いかに療養(therapy)と癒し(healing)の実践の空間とするか、という考え方をその設計に見る。

This paper introduces the Vidar Clinic located in Jarna, Sweden. Designed by Erik Asmussen as the central medical facility for the anthroposophic community in Jarna, this building evolves from the architectural concepts and forms put forward by Rudolf Steiner, the founder of the Anthroposophic movement. Anthroposophic medicine takes a holistic approach to medical treatment, seeking to restore the balance among the patient's physical, mental, and spiritual aspects. Asmussen designed this building as a "therapeutic instrument" to contribute positively to the each patient's search for his or her path back to a balanced existence.


高齢者開くテフィビテ開発センター編。『Apty Care』
オピニオン:“シニア世代と芸術文化" p.44; 『Apty Care』12号 2005年8月25日.
いろいろなプログラムを紹介し、高齢者が喪失する三のことについて述べる。そして、三の喪失に対応する芸術プログラムの実例を紹介する.


『ケアラーズマガジンCarers’ E-Magazine 』
創刊第1号 (2005年1月発行) から 通算15号(2007年05月発行)まで セルフケアを支えるオンライン・コミュ二ティのために
「ケアにアートを取り入れる」 連載記事(6回)2005-2006.
第2号 2005年2月発行連載 (1)コネチカット・ホスピス
第4号 2005年4月発行連載 (2)ヴィダール・クリニーケン
第6号 2005年6月発行連載 (3)ユマニタス基金:終身型高齢者アパート
第8号 2005年8月発行連載 (4)認知症高齢者研修所およびデイケア施設:シルヴィアホーム
第10号 2005年10月発行連載 (5)記憶維持と環境デザイン
第12号 2006年4月発行連載 (6)リビングアート:癒すことは創ること


「ユマニタスの実験:「生涯居住型アパート (English Title: The Humanitas Experiment--"Apartments for Life")
『九州保健福祉大学研究紀要』 8(2007): 15ー21, ダーリング常田益代との共著.
抄録
ロッテルダムに拠点を置くユマニタス基金では、北欧の福祉政策にオランダの合理性とビジネス感覚を組み合わせ、年金で過ごす高齢者にまとまった戸数の「生涯居住型アパート」 を提供して注目を浴びている。創立者のハンス・ベッカー氏が、代表責人者である。この調査報告書では、ユマニタスの生涯居住型アパートへの取り組みを紹介する。

This paper introduces the Rottterdam Humanitas Foundation's approach to housing the elderly, termed "Apartments for Life." Once the elderly move into one of these apartment he or she does not have to worry about having to move again. Of course, the occupant can continue living with his or her partner. Moreover, the apartments are furnished so that anyone can live in them regardless of his or her care needs. All care will be provided including 100% nursing care. Each resident is master of his or her own home and can determine his or her own care needs.. The "use it or lose it" concept is a key concept of the Humanitas care philosophy. Independence is encouraged by having residents take responsibility for these own lives and their daily activities. The built environment supports resident independence and dignity.


"William Morris: Art for a Just Society” (日本語訳:ウィリアム・モリス:正義ある
社会のための芸術)『国際広報メディア・観光学ジャーナル = The Journal of International Media, Communication, and Tourism Studies 第9号 (2009): 61-78, ダーリング常田益代との共著.
抄録
本稿は、ウィリアム・モリスの芸術についての考えを、社会主義実践者としての彼が理想として抱いた正義ある美しい社会という観点から論ずる。 それは美すなわち芸術こそが社会に正義をもたらすものというモリスの信念である

This paper discusses William Morris's ideas about art, his involvement with socialism, and his vision of a just society. Morris believed that beauty, or in other words art, is inextricably linked with the cause of social justice. In his numerous lectures and writings Morris tells us what he means by a just society and suggests how to achieve it. Through the useful and beautiful merchandise produced by his company as well as his writings, he shows what such a world might look like. Above all, though, the very life Morris led embodied these ideas about art and society perhaps better than anything else. Indeed, Morris's concerns about the deterioration of our quality of life and the wanton destruction of the environment brought on by the industrial revolution and his vision of a desired just society enlivened with a meaningful role for art such as he showed us in News from Nowhere seem especially pertinent today in the early 21st century.


ホームページへ Return to Homepage