定期的に更新される|Regularly updated and revised

高齢社会における芸術の役割 | The Role of the Arts and Our Aging Societies


芸術と社会正義 | Art and Social Justice
アート・イン・ヘルスケア運動と社会正義運動との関係に関する資料の紹介
Brief discussion of how the arts in healthcare movement is related to the broader social justice movement.
参考資料 | Reference Materials
Bruce DARLING|ダリング・ブルース and Masuyo TOKITA DARLING |ダーリング常田益代, 共著
"William Morris: Art for a Just Society” (日本語訳:ウィリアム・モリス:正義ある社会のための芸術)
『国際広報メディア・観光学ジャーナル = The Journal of International Media, Communication, and Tourism Studies
第9号 (2009): 61-78.
抄録
本稿は、ウィリアム・モリスの芸術についての考えを、社会主義実践者としての彼が理想として抱いた正義ある美しい社会という観点から論ずる。 それは美すなわち芸術こそが社会に正義をもたらすものというモリスの信念である

This paper discusses William Morris's ideas about art, his involvement with socialism, and his vision of a just society. Morris believed that beauty, or in other words art, is inextricably linked with the cause of social justice. In his numerous lectures and writings Morris tells us what he means by a just society and suggests how to achieve it. Through the useful and beautiful merchandise produced by his company as well as his writings, he shows what such a world might look like. Above all, though, the very life Morris led embodied these ideas about art and society perhaps better than anything else. Indeed, Morris's concerns about the deterioration of our quality of life and the wanton destruction of the environment brought on by the industrial revolution and his vision of a desired just society enlivened with a meaningful role for art such as he showed us in News from Nowhere seem especially pertinent today in the early 21st century.

Elaine Scarry (エレン・スカリー)
On Beauty and Being Just 『美と正義について』
Princeton University Press (プリンストン大学出版), 1999
"In On Beauty and Being Just, Elaine Scarry not only defends beauty from recent political arguments against it but also argues that beauty continually renews our search for truth and presses us towards a greater concern for justice."
エレイン・スカーリーはそれに対して、最近の政治論議から「美」を守るだけでなく、その「美」は継続的に正義のための大きな関心に向かって真実と押すと私たちの探求を更新すると主張する。
宮原 浩二郎
社会美学のコンセプション(2)エレン・スカリー『美と正義について』をめぐって
(英語訳:A conception of social aesthetics (2) Reading Elaine Scarry's "On beauty and being just")
関西学院大学社会学部紀要 ; 巻号 : 2009-3, 107 ; pp. 73〜86 Yi-Fu Tuan (イーフー トゥアン)
Passing Strange and Wonderful: Aesthetics, Nature, and Culture(感覚の世界 : 美・自然・文化)
Kodansha International, 1995
Part 5 Aesthetics and Morality (第5部 美と道徳)Chapter 10. "Good and Beautiful,"(第十章 「善と美」)213-226. "Conventional wisdom suggests that feeling and beauty become important to us only after more basic needs have been met. But as Yi-Fu Tuan shows in this brilliant and provative book, the aesthetic experience is an essential force in human lives and cultures everywhere." イーフー トゥアン著  (和訳:阿部 一) 『感覚の世界 : 美・自然・文化』 せりか書房 (1994/07 この本では、単純なものから複雑なものへ、人間のさまざまに異なった感覚についての考察から感覚反応の混ざり合い<共通感覚>へ、 隠喩や象徴におけるイメージと観念の心理的な融合から象徴空間の創造へ、そして最後に審美的‐政治的国家へと話を進めて行く。


Ageism and Social Justice |エージズムと社会正義
Ageism (和訳)年齢差別ー特に老齢者差別)また、 Ageism:年齢による差別。特に雇い入れのときの差別について言う。


Creating an Age-Integrated Society
Global Action on Aging (Six language UN Website
Strengthening Older People's Rights: Towards a UN Convention
Produced as a collaborative effort of nine aging organizations around the world, this report provides arguments and tools for engaging people across the globe in a discussion of the need for a UN Convention on the Rights of Older Persons.
See especially Elder Rights: Global Action on Aging
Global Action on Aging advocates for the protection of older persons as a key element of the human rights movement. Increasingly subject to physical and emotional abuse, theft, negative stereotyping and discrimination, older persons often feel vulnerable and frightened. Older people often face serious discrimination in the workplace. While many rights issues affect them negatively, older persons are claiming new sets of entitlements, including choice of sexuality and sexual activity, appropriate housing, innovative care-giving programs, as well as more control over end of life decisions.
Age Integratedというのは、「教育」「仕事」「余暇」が同時並行で人生の始まりから終わりまで進められていく構造社会。これからの社会は「生涯学習」 や定年退職の延長、労働時間の減少(たとえば週4日労働)など、ライフコースがフレキシブル化されることが予想される。日本政府が今回の政策で 目指すのもこの線なのかもしれない。(http://blog.goo.ne.jp/yokomam/e/87396492adf5a409841891cb5481c29f)
「age-integratedーinstitution/facility(異年齢交流施設)」

age-integrated apartments/communities/

A Naturally occurring retirement community—or a NORC (rhymes with “fork”)—is a community that was not originally designed for seniors, but that has a large proportion of residents who are older adults (at least 60 years old). These communities are not created to meet the needs of seniors living independently in their homes, but rather evolve naturally, as adult residents age in place. NORCs may develop in three different ways: A large number of persons moved into a community when they were younger (i.e., aged in place); A large number of seniors move into a community (i.e., in-migration); or Seniors remain in a community as younger residents move out (i.e., out-migration). (http://wpedia.goo.ne.jp/enwiki/Naturally_occurring_retirement_community)with External Links

自然発生的リタイアメントコミュニティ(Naturally Occurring Retirement Community=NORC)(http://www.ilcjapan.org/interchange/0409.html) International Longevity Center Japan

Aging in Place. 住み慣れた地域で自分らしく生きる. ~ 老年学からのアプローチ
Aging in Place Initiative - Developing Livable Communities for All Ages Arts, Cultural and Educational Opportunities (http://www.aginginplaceinitiative.org/index.php?option=com_content&task=blogcategory&id=82&Itemid=104)
Links to community-based art programs

Intergenerational programs in human service settings


Ableism and Social Justice | 障がい」を持つ人々への差別と社会正義
  健常者(けんじょうしゃ、able-bodied person)とは、障がい者・病者に対していわれる表現で
Ableism is discrimination against those who do not appear able-bodied. ー「健常者」と見えない人々にたいする差別 ー
障がい者、障碍者(しょうがいしゃ) ー 体及び精神等に、何らかの障害を持つ者。現在一般に使用される「障害者」という表記は、「障礙者」を常用漢字で表記するために書き換えたものである。 意味の異なる「害」の字を使用することを好まない人々の一部は、「礙」の俗字である「碍」を用いたこの表記を使用している。元来この字には 「石に進路をさえぎられている」という意味があり、今まで使っていたとされる。(http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E3%B3%B7%BC%D4)

「障害者」か「障碍者」か 「碍(がい)」を常用漢字に追加求め意見(1/2ページ) 2010年4月5日11時40分 Asahi.com (http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201004050103.html)  障害者ではなく障碍(しょうがい)者と書けるように、「碍」を常用漢字にしてほしいという声が高まっている。「改定常用漢字表」に関する試案をまとめた文化審議会国語分科会の 漢字小委員会は、6月予定の答申に向けて詰めの作業に入ったが、追加字種の中で碍の扱いは焦点の一つとなりそうだ。  戦前は障害や障碍、障礙(しょうがい)(礙は碍の本字)が妨げの意味で使われた。戦後、碍は当用漢字にも常用漢字にもならず、障害が定着した。ただ、害は負のイメージが強く、 最近は「障がい」を使う自治体が増えてきた。政府の「障がい者制度改革推進本部」も表記を見直し始めている。ちなみに日本の障害者に相当する表記は中国が残疾人、台湾が障礙者、 韓国が障碍人などだ。  試案では、使用頻度が少ないといった理由から碍の追加は見送られた。しかし文化庁が昨年末、試案への意見を募ると、碍の追加希望は86件に達し、障害者自身からもこんな声が 寄せられた。「読み書きする時に、害の字のもつマイナスイメージにいつも不快感がつきまとう」「害という漢字が嫌なのです。私たちは確かに妨げになるものをかかえているかも しれませんが、世の害ではありません」  自治体にも動きがある。大阪府吹田市は昨年末、障害者に替わる呼称を市民らから募集した。障害は人ではなく社会にあり、障害という表現を人に使うのはふさわしくないとの判断からだ。 障碍など85件の意見が寄せられ、検討委員会で話し合う予定だった。しかし同市議会が3月末、丁寧な意見集約が必要などとして作業の一時中止を求める決議を行うなど、慎重な判断を 求める声も一方にはある。  また佐賀県の古川康知事は2月、文化審議会に碍の追加を要望し、改革推進本部にも障害者に替わる表記として障碍者を候補にと求めた。「障がいというまぜ書きは漢字文化になじまない。 害するという意味のない碍を採用すべきです」と古川さん。私的な文章では障碍と表記している。

法律の定義上は、身体障害者、知的障害者、精神障害者を含む。


芸術療法と社会正義|Art Therapy and Social Justice
--Under Construction--

General References New Report: Social Justice in the OECD 27 October 2011
"The SGI project has released a new study on Social Justice in the OECD. The report offers a comparative assessment of 31 OECD countries with regard to six key dimensions: poverty prevention, equitable access to education, labor market inclusiveness, social cohesion and non-discrimination, health as well as intergenerational justice."
PDF file accessed from the SGI Sustainable Governance Indicators 2011 website. Sponsored by Bertelsmann Stiftung Foundation
URL: http://www.sgi-network.org/



ホームページ|Return to Homepage